どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

マックスウェルの悪魔

19世紀の物理学者であるマックスウェルは、架空の悪魔を想定することによって、「熱力学第二法則」で禁じられたエントロピーの減少が可能であると考えました。

つまり、空気からエネルギーを取り出せることに気付きました。

空気を入れた箱を、仕切りで2つに分離します。

悪魔は真ん中にある仕切りを操作しています。

箱の左側から速度の速い空気分子が来ると、悪魔は仕切りを開けます。

逆に右側の箱から速度の遅い空気分子が来ると、悪魔は仕切りを閉じます。

これをずっと続けていくと、箱の右には速い分子ばかりが、箱の左には遅い分子ばかりがたまります。

空気分子の速度は温度であるため、箱の右は温度が上がり、左は温度が下がることになります。

つまり、箱の右はエネルギーが増大し、箱の左はエネルギーが減少したことになります。

実際にこの悪魔が居れば、とても便利ですよね。

(悪魔が一生懸命働いてくれるから)何の労力も無く、冷暖房完備です。

クールビズとかウォームビズとか、そんなことは考えなくていいんですよ。

凄く便利。

その辺を一匹くらい飛んでるといいんですけど。

そしたら捕まえて、一生こき使ってやる。

どっちが悪魔なんだか分からなくなりました。

広告を非表示にする