どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

8年前の11月

8年前の11月のとある金曜日。

当時高校二年だった私は愛用の自転車に跨がり、自動車と勝負しました。

スピード勝負ではなく、体当たりのガチンコ勝負です。(文字通りの意味で)

結果は惨敗でした。

交通事故に遭った時の話。

その日は職員会議で授業が早めに終わり、私は家路を急いでいました。

15時くらいです。

急いでいた理由は借りたマンガを早く読みたかったからです。

貸してくれた人はNatural Highの中の人だった気がするんですが、違うかもしれません。

片側3車線の大きな道沿いの歩道を疾走していました。

前方に信号が見えました。

歩行者用は「赤」、車用は「青」

突っ込もうと決意してスピードを上げた時、車用は「黄色」になりました。

突っ込みました。

車に。

気付いたら道路の真ん中にうつぶせに横たわっていました。

事故の瞬間はさっぱり覚えていません。

「何で道路に寝てるんだろ」

起き上がろうとしたときの体の痛み。

顔の横のアスファルトには血の水たまり。

周りは人だかり。

状況を理解。

「あー、事故った」

「救急車を呼んだから」

隣のおっちゃんが声をかけてくれる。

「どこか痛いところは?」

医者が聞いてくる。

事故った場所が個人の整形外科の真ん前だったので、飛び出してきてくれたらしい。

「鞄の中のマンガ、大丈夫かな」

私は考える。

そうこうしているうちに、救急車が到着。

担架で車内へ運ばれました。

救急隊員の人が色々聞いてきました。

住所氏名は勿論、学校や日付も。

頭を打っている可能性もあったので、結構事細かに聞かれました。

「今日何月何日か分かる?」

「えーと、確か11月13日の金曜日です(←間違い)」

意識ははっきりしていると判断されたみたいでした。

病院で検査した結果、右鎖骨と鼻骨の骨折で全治3ヶ月でした。

しかし、精密検査はしてもらえませんでした。

頭打ってる可能性があったのにも関わらず、です。

「精密検査を次回しますので、土曜日曜は休みだから、えーと月曜に来て下さい」

できればすぐに頭も調べてもらえると嬉しかったです。

本当に頭を打っていたら、頭が変になっちゃったかもしれないから。

変になってなくて良かった。

つまりこんなことを長々と書いてまで私が一番言いたかったことは「事故るなら週末は止めとけ」ということです。

検査してもらえないかもしれませんよ。

広告を非表示にする