どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

副作用

市販の風邪薬の多くには抗ヒスタミン薬が配合されています。

これは風邪の諸症状であるくしゃみや鼻水を緩和するのが目的です。

そもそも風邪のくしゃみや鼻水といった症状は一種のアレルギー反応でして、ヒスタミンが重要な役割を果たしています。

抗原とIgE抗体が肥満細胞などのIgE受容体に作用し、ヒスタミンセロトニン、ロイコトリエン等を放出させるのが契機となっています。

ヒスタミン薬はヒスタミン受容体の一種であるH1受容体を阻害することで、上記のようなアレルギー応答を抑制します。

従って、対症療法であり、風邪そのものを治療しているわけではありません。

ヒスタミン薬の副作用としては眠気や倦怠感が挙げられます。

これは主に中枢性(脳)のヒスタミン作用を阻害することにより引き起こされると考えられています。

ヒスタミンの中枢性作用、特にH1受容体を介するものとして

・覚醒作用

・食欲調節

・飲水調節

・体温調節

・平衡感覚調節

・神経内分泌調節

・痙攣抑制

などの作用が明らかとなっています。

ヒスタミン薬によってこれらの機能が抑制され、副作用となって顕われます。

眠気、のどの渇き、めまいなどはその典型です。

というわけで、眠くてだるくてクラクラしています。

風邪薬を飲んだ時と飲まない時、どっちの方が体調が悪いんだろうとちょっと考え込んでしまいます。

きっと大差ないです。

自分の場合は眠くなったところで大したことありませんが、車の運転等をする人の場合は危険です。

体調の悪い人もそうでない人も、健康には気をつけて。

無理はしない方がいいですよ。

ちなみに私は、今日は泊まりがけで忘年会です。

企画した人と、「行く」と言った過去の自分に対してクラクラしてきました。

広告を非表示にする