どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

飛ぶiPod

最近、iPodで音楽を聴いていると音飛びをすることがあります。

そんなに頻繁ではなくて、一日に一回飛ぶか飛ばないかくらいなのですが、今までそんなことは無かったので少し気になりました。

そこで、アップルサポートの該当トピックスを読んでみました。

iPodで曲が音飛びするときのトラブルシューティング

ここによると、対処法は次のような感じでした。

<最新のiPodソフトウェアをインストールする>

私はアップデート大好き人間ですので、常に最新版が入ってます。

<圧縮された曲を使用する>

曲のサイズを小さくすることで、iPod本体のメモリにキャッシュできる量が増えるので音飛びしにくくなるらしいです。

だからAIFFやWAVだとイマイチだと書いてありました。

しかし、私のiPodに入っているのは、遥か昔に取り込んだものは128kbpsのMP3、最近取り込んだものは192kbpsのAACVBR)、あとは多分160kbpsのAAC当たりですので、そんなに曲のサイズは大きくないと思うんです。

iPodを揺らさないようにする>

使っている時は主に歩いている時か、地下鉄に乗っている時、あとは家でまったりしている時ですので、そんなに激しくは揺れてないと思います。

それに私の歩き方は「トボトボ」という感じなので、揺れは少ないはずです。

<曲のファイルが壊れていないことを確かめる>

音が飛んだ曲をもう一回かけた時は音飛びしないので、ファイルは多分大丈夫。

<USBケーブルを外すかまたはイコライザ(EQ)をオフにする>

USBケーブルは使ったこと無いですし、EQは使わない派です。

下手に音を弄るのは好きじゃないです。

iPodをリセットする>

とりあえずやりました。

今後音飛びをするかが見物です。

iPodを復元(Restore)する>

これはiPodの全ての曲が音飛びする時みたいです。

そんなには酷くないので。

iPodの音が飛ぶようになったのは最近なんです。

丁度めっきり寒くなったあたりからです。

と言うことは、調子悪いのは寒さのせいかもしれません。

持ち主は寒がりですし、iPodも寒さに弱いのかも。

iPod nanoを買えば音飛びと言う概念も無くなるんですけどね…。

広告を非表示にする