どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

陰謀

今日2006年1月17日は中々に仕組まれた一日だったと思います。

今日は1995年1月17日の阪神淡路大震災から11年です。

1995年当時私は中二だったのですが、その二年前、小学校卒業と同時に神戸に引っ越していった友達がいたんです。

その人のことがとても心配でした。

今頃楽しくやってるといいんですけど、連絡を取っていないので実は分かりません。

連絡先も分からないので、連絡の取りようがないのですが…。

1993年に名古屋市立U田南小学校卒業の人で、当時の私のあだ名「かっちゃん」に心当たりのある人は連絡をくれるととても嬉しいです。

今日はライブドアで大変なことになっています。

でも堀江さんのことですから、転んでもタダでは起きないのではないかと信じています。

今日は宮崎勤最高裁判決が出ました。

結果は死刑確定となりました。

この事件があったときは私は8歳くらいだったと思うのですが、今でも鮮明に覚えています。

詳しいことは理解していなかったものの、印象として飛び抜けています。

あと、クラスの「宮崎君」か軽くいじめられていてかわいそうでした。

今日はヒューザーの小嶋社長の証人喚問でした。

証言拒否が多かったとの話ですし、虚言であるとの話も出てきてますね。

真相は分かりませんが、思い切って全部話しちゃえばラクになれますよ。

まあ、圧力がかかってるだろうから無理だと思いますが。

そう、今日は本来なら明日の新聞一面を飾るような出来事が多すぎるんです。

阪神淡路大震災は天災ですからどうしようもありませんが、証人喚問が今日に決まったこと、そしてその直前にライブドアに査察が入ることはどうにも不自然です。

証人喚問を取り上げられる時間を少なくしようとする陰謀に思えてなりません。

他にも色々ありますけど、官僚なり議員なり国の中枢にいる人の中に関係者がいることは、状況証拠としては充分なのではないかと。

さあ、白状するなら今だぞ!

まあ、全部こじつけの妄想ですけどね。

あと、多分あちこちで同じようなことを書かれているに1000ペソ。

広告を非表示にする