どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

竹のように

昨日から土曜日まで、実験を教えています。

相手が後輩とかなら別に気を使わなくてもいいんですが、某医大の教授に教えているのでそうもいきません。

「実験を教えてあげて欲しいんだけど」と頼んできたのは共同研究先の教授(この人も医者)なので、やはり気を使います。

しかも放射性同位元素を使った実験であるため、神経も使います。

もちろんこの間、自分の研究はほぼストップです。

正直とてもしんどいです。

しかし、考えようによってはこれはチャンスです。

言葉は悪いかもしれませんが、今回のことで恩を売っておくことができたからです。(しかも二人に)

今後私に協力してくれるかもしれません。

ここから更に人間関係が広がるかもしれません。

要するに自分が有利になる可能性がほんのちょっと上がったと言うことです。

根回しは大事です。

今のうちに一生懸命に根を張って根を張って、そしてスクスクを育っていきたいです。

そう竹のように。

竹って成長のピークには一日に1メートル以上伸びるんですよ。

そんな竹に私はなりたい。

なお、この文章に対する以下のようなツッコミは却下です。

・そもそも断れなかっただけでしょ?

・根回しあんまり興味ないんじゃない?

・竹ってスクスクだけどヒョロヒョロ。

・竹って中身空っぽだよね。

・というか、竹、地下茎はあるけど根っこないよ?

広告を非表示にする