どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

mixi

ひょんなことからmixiに招待されたので、取りあえずやってみました。

1時間ほどやってみての感想。

mixiインターフェイス、使いにくいですね。

まだまだ改善の余地があるように思います。

コミュニティが沢山あって結構面白いかもしれません。

私の出身の小学校や高校のもありました。

高校の方には多分知り合いと思しき人も発見しました。

これだけ容易に発見できると言うことは、逆に容易に発見されると言うことです。

何となく嫌です。

同じ理由で足跡機能も好みではありません。

友達同士の馴れ合いが(恐らく)主目的なので、好きな人には好きで堪らないのでしょうが、そうでない人には面倒なだけに感じました。

昔の友達を発見したり、新しい友達が出来たりするメリットを考えても、このデメリットが気になる人も居ると思います。

あと、現実世界同様に「コミュニケーション能力」が必要ですね。

コミュニケーションを維持するのには、努力と才能が必要なので、キツいなあというのが正直な感想でした。

色々プライバシーを守るようなシステムはあるんでしょうけど、基本的に個人情報は「mixi」という閉鎖系の中で晒されていると考えるべきだろうと思いました。

登録情報を限ることで晒される個人情報を限定することも可能ですが、それをすると今度は旧友に発見されなくなります。

さじ加減が結構難しい。

私個人の感覚として、閉鎖されたシステムの中で日記を公開して、友達とわいわい馴れ合う、とうのはあんまり好きではありません。

ネット上で意見を公開する以上、それは全世界の人が読めるようにして、その文章に対して責任を有する方が良いと思うからです。

あと、馴れ合いは苦手です。

つまり、私にとってはmixiは非常に居心地の悪い空間でした。

というわけで、躊躇い無く退会してきました。

誘ってくれた人には「ごめんね」とメールしました。

君のように、あの世界で楽しくコミュニケーションを取ることはできそうになかったよ。

広告を非表示にする