どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

専用機

iPod nanoに新色が出ました。

真っ赤です。

真っ赤ですけど、3倍速く音楽が再生されるとか、3倍速くバッテリーが無くなるとかは多分ないので安心してください。

iPod nano (PRODUCT) RED Special Edition

これは「Special Edition」なので、なかなかスペシャルです。

購入金額の一部(10 USドル)を「世界エイズ結核マラリア対策基金」に寄付するみたいです。

こういう「寄付」をするのを見ると「偽善だ」とか「売名行為だ」とか、斜に構えて捉える人がいます。

でも私はいつも思うんですが、「善」と「偽善」の境界というのはとても曖昧だと思います。

どんな行為であれ最終的には「自分がやりたいから」やるわけですので(少なくても自分が「やる」という選択をする)、動機としては「自分のため」に帰結するというのが私の基本的な考え方です。

「相手のため」であっても、「相手のためになりたい」と考えている「自分のため」です。

そうすると「善」と「偽善」の境界はあって無いようなものです。

例えどちらであっても、「実行する」ということ自体に意味があるんだと思います。

行動できる人は凄いです。

実行力の伴わない「善」と実行力の伴う「偽善」では、後者の方がずっといいです。

遊ぶために買ったiPod nanoで寄付が出来るなんて、最高の自己満足ですし。

と言うわけで、iPod nanoを購入しようと考えていた人は、是非「赤」を選択してみてはどうでしょうか?

ちなみに私は、すでに予約済みのiPod shuffle(アマゾン)の配送待ちの身ですので、これ以上iPodは買えません。

広告を非表示にする