どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

JUGEMでMarsEditを使う方法

昨日のエントリで、ectoからMarsEditにブログの投稿クライアントを変更した旨を書きました。
と言うのも、ectoは最近ではソフトウェアの更新がなされておらず、OSXのアップデートを重ねる度に少しずつ、挙動に不具合が起きてしまっていて、そろそろにっちもさっちもいかなくなりそうだと感じつつあったからです。
更新する度にジワジワとストレスでした。

じゃあ、別の良い投稿クライアントはないかと考えると、MacではほぼMarsEdit一択と言う情勢になっていました。
各所で使われているし、みんないちいち設定に関する記事を書いてくれているし、JUGEMでも使えそうだし、ちょっと高いけど、これでいいか、と。
実際使ってみるととても使いやすいです。
今回は備忘録を兼ねて、MarsEditをJUGEMで使うときの設定をメモしておこうと思います。

起動をするとブログの追加が出来ますので、ここでブログのタイトルとURLを入力します。
ただし、JUGEMの場合は自動で設定はしてくれませんので、手動で設定します。

Marsedit 設定

この画像のような設定で大体お終いなのですが、 System NameをMovable Typeに、 API Endpoint URLをhttp://〇〇〇〇.jugem.jp/admin/xmlrpc.php と設定すれば、だいたい大丈夫です。(〇〇〇〇は各ブログのドメイン部分)

その上で、ブログにログインするときのアカウントとパスワードを設定してください。

Marsedit 設定2

右クリックで出てきます。
これで投稿自体は出来るようになると思いますので、あとは適当に好みの設定にすれば大丈夫だと思います。

まだまだ私も試行錯誤の段階ですが、とりあえずストレスがなく投稿できる環境にはなりました。
やはり環境が整わないと、何事もやる気にならないですからね。
整えた段階で満足する人も世の中には居るらしいですけど、もちろん当然のように私は違いますよ。
本当ですよ。

広告を非表示にする