どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

目玉の商品

私は残念ながら視力が悪いので、何らかの方法で矯正しないとなりません。
そして、今、現実的に視力を矯正しようと思うと、選択肢は以下の3つです。

  • 眼鏡
  • コンタクト
  • レーシック

しかしレーシックは怖いので、更に選択肢を絞ると眼鏡かコンタクトです。
話はズレますが身近でレーシックをした人の話を聞くと、その人は大変順調で調子が良いそうですので、一瞬やってみようかという気にもなってしまいますが、やっぱり怖いので今はまだやめておこうと思いました。

普段の日常生活には私はコンタクトレンズを使用しています。
高校3年生の時から使っているので、かれこれ15年以上はコンタクトレンズでの生活をしている計算になります。
思えば高校時代は遥か遠くなりにけり、順調におっさんになるわけです。
話がズレました。

過去の記録をあさってみたところ、今使っているコンタクトレンズを購入したのは、2008年3月14日だったようです。
どことなくなんとなく:ちょっと運の良い出来事
そうすると、大体5年と10ヶ月位?使用している計算になります。
コンタクトは視界の全てがクリアに見えて、視力の矯正と言う点では非常に素晴らしいのですが、以前から何度かブログには書いていたように、違和感や不快感も、やはりあります。
どことなくなんとなく:どこにでもある
どことなくなんとなく:完成
どことなくなんとなく:眼鏡の日
どことなくなんとなく:裏っかえし
なんとなく、そろそろ眼鏡頻度を高めても良いのではないかと思い始めています。
眼鏡が欲しい気持ちがしてきました。

やはり過去の記録をあさってみたところ、今使っている眼鏡を購入したのは、2006年6月15日だったようです。
どことなくなんとなく:眼鏡購入
そうすると、大体7年と半年くらい使用している計算になります。
と言うか、2006年ってそんなに昔になるんですね。
なるほど、順調におっさんになるわけです。 話がズレました。

この期間、視力には幸い大きな変化がありませんでしたので、視力の矯正自体は全く問題なく快適に使えています。
しかし、少々古くなってしまったのと、今まで家でだけ使っていたのが、もし眼鏡頻度を高めた場合には外でも使わないとならなくなるため、やはりそろそろ新しい眼鏡が必要になるのではないだろうか、これは買わねばなるまい、そんな気持ちになっています。
踏んづけてしまったのでフレームも歪んでますし。

今は眼鏡屋さんも数が増えて、お洒落なデザインのものが比較的リーズナブルな価格で手に入るようになったように思います。
どんな眼鏡がいいのか、ちょっと眼鏡屋さんに行って見てこようかと思っています。
普通のだと少し面白みに欠けるように思いますし、濃い目の青系か、濃い目の緑系あたりが面白いかもしれないですが、これはちょっと似合うかどうかが一番大事ですね。
まだまだおっさんではありませんので、若者には負けないようにしたいと思います。

広告を非表示にする