どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

2月が終わりました

早いもので気づけば2月も終わりになっていました。
今現在、すでに3月1日の夕方6時も過ぎた頃で、本日開幕のJリーグではベガルタ仙台が負けたことも承知しているのですが、便宜上、このエントリは2月28日付けでアップしようと思っています。
だいたい、2月だけ28日までしかないのは、明らかに不当なのではないかと。
31日まである月とは3日も違います。
10%も違えば、それは無視できない差だろうと思い、今日は2月と言うことでいい気がしてきました。

2月も思い返すと色々なことがあったように思うのですが(そしてそれは「研究者」にとっては必ずしもいいことばかりではなかったのですが)、こうやって気が付くと時が過ぎていて、季節が巡って、星霜を経ている感覚にとらわれることがあります。
しかしいくら「気がついたら今」だったとしても、過ぎ去った時間の分だけ変化が起きているはずですので、これは油断するとちょっと大変なことになるぞ…、と最近強く感じるようになってきています。
やり直しはできますが、取り返しはつかないことは多いのではないかと思いますので
「3月」と言うのはやり直したりやり始めたりするのには、とてもいいタイミングのように思います。
具体的に何が、という話ではないのですが。
気分を一新するだけでも、それは一つの価値になり得るはずです。

と言うわけで、「過ぎ去った時間は取り返しがつかないので、未だ来ない時間に向けて頑張ろう」という話を、過去の日付で投稿しようと思います。
このエントリみたいに、たまーに、取り返しのつくことも、あると、いいんだけどなあ。

広告を非表示にする