どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

iPhone 6 Plus雑感

昨日9/19に無事にiPhone 6 PlusがApple storeから届きました。
SIMフリーの64GBのモデルです。
そこで帰宅後に設定などをして一日ほど使ってみましたので、使用感などを簡単に。
SoftBankiPhone 5のSIMを挿して、今のところ問題なく使えています。
ちなみに、iPhoneの写真をiPhoneでは撮れませんので、画像はないです。
まあ、写真はググれば山のように出てきますので、わざわざ私が載せなくても問題ないだろうと思いますし。
予めご了承ください。

デカくて薄いです。
ほぼ感想はこれだけで、あとはiPhone 5とそう大きくは変わりません。
ただ、まだこの「デカくて薄い」ことを十分に活かしきれていなくて、解像度などアプリの対応が追いついていません。
そのためただの拡大表示になってますので、文字がとても大きいです。
Apple製のアプリなど、対応しているものは表示に問題はありませんので、アプリの開発者の皆様の対応待ちになるかなあ、と思います。
デカくて見やすいといえば、見やすいのですが。
解像度の対応が進むと、グッと使いやすくなりそうな印象です。

私は手が比較的大きいのですが、それでも片手で全部の操作をするのは厳しいです。
指がつりそうになっても頑張れば、やってやれないことはないのですが。
素直に両手を使うことにしようと思っています。
これを片手で使うためには、UIの抜本的な変更がないとちょっと厳しそうです。

ポケット。
ジーンズの前のポケットに入ります。
座れます。
運転できます。
もちろん、存在感はあります。
個人的にこれなら許容範囲です。
「ポケットに入る範囲で一番大きいのが欲しい」と思っていましたが、この大きさが限界ですね。
スキニーのジーンズだとちょっと厳しいかも。

カーナビについて。
今まで、このことに言及した記事を見かけなかったので、念のために少しだけ。
最近のカーナビはスマートフォンとの連携機能がついているものがあり、私の車のナビもスマートフォン対応です。
全ての機能を使っているわけではないため、未確認の事項ばかりですが、とりあえず下記の組み合わせでは「Bluetooth Audio」機能に問題はなく、音楽も聞けました。

これはiPhone側というよりはiOS側の要素だと思いますが、現状では大丈夫そうです。

と言うことで、すでにiPhone 5を「小さいなあ」と感じるくらいには慣れています。
「大きいことは良いことだ」と考えてiPhone 6 Plusにしましたが、選択は間違っていなかったと思っています。
新しいオモチャは何にせよとても楽しいです。

広告を非表示にする