どことなくなんとなく

研究の息抜きに綴る適当な文章

新しいMacBook雑感+α

MacBookの話

「新しいMacBook」を2週間ほど、ゆるゆるふわふわと使ってみましたので、適当に雑感を。
スペックはこんな感じです。

名前;MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)
CPU;1.3GHz Intel Core M
SSD;512GB
メモリ;8GB
キーボード;US
色;スペースグレイ

MacBook
特盛りモデルです。

このMacBookは、拡張性がUSB-Cしかないとか、CPUがCore Mだとか、キーボードのストロークが短いだとかで、発表当初から賛否がハッキリ分かれたモデルになりました。
いい意味でも悪い意味でも尖っていて、初代のMacBook Airのようです。
控えめに言っても人柱モデルかなーと思います。

で、私にとってどうだったかと言うと、今のところどれも全く問題になっていません。
拡張性については確かに初期設定やソフトのインストール時に若干の不便を感じましたが、対応できないほどではありませんでしたし、処理速度については思ったよりもずっと速かったです。
キーボードもすぐに慣れました。
ただし、この辺はかなり個人によって感じ方が違いそうな部分で、人によってはクリティカルだろうなあ、と言う実感も受けています。
私のように、メイン機は別にあって、ゆるふわなサブ機としてなら全く問題ありません。

気に入った点としては、MacBook Air 11インチよりも軽いこと、Retinaディスプレイであること、必要十分な性能は確保されていること、持っている人が少ないので若干のドヤ感を味わえることなど、私がサブ機に求める条件としては申し分ありません。
あと、トラックパッドの感圧タッチは、最初とてもビックリします。
凹まないのにクリック感がありますので、脳が騙されて混乱して楽しいです。
正直、誰にでもオススメできる機種ではないですけど、人柱になりたい人にはとてもオススメの機種です。
私個人としてはとても気に入っています。

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid2012)の話

メイン機あってのサブ機、と言うことで、メイン機の話です。
今の私のメイン機は2012年に発売されたMacBook Pro Retinaの初期型です。
買った時の感想はこんな感じ。
どことなくなんとなく;MacBook Pro Retinaディスプレイモデルが届いた
まだまだ十分に現役をはれる性能を持っていると思っています。
ただしこれ、初期型なんですよね。
初期型はチャレンジングな反面、不具合が起こる率も高く、このモデルもその例に漏れません。
例えば、このモデルはリコールの対象だったりします。
MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム
今までは代替機がなくリコールのリペアプログラムに申し込めず、そのままにしてしまっていましたが、MacBookが手に入ったことで、ようやく対処できそうです。
また、こちらはリコール対象ではありませんが、ディスプレイの焼き付きも多発しているモデルです。
MacBookPro Retina 15インチ 焼き付き問題のまとめ
最近、私のMacBook Proも焼き付きが発生しています。
ただ、保証期間が過ぎているので、おそらく有償修理になると思います。
ネットを見た感じですと、恐らく修理代は6~7万円になりそう。
ペアプログラムのついでにこちらも対処しようとは思っていますが、なかなか高いですね。
修理をするつもりでは居ますが、もし修理しない場合は、
・焼き付きを気にしない
・外部ディスプレイのみで使用する
MacBookをメイン機にする
の何れかの対処になるのではないかと思っています。

とりあえずそのうちにAppleストアに行って、話をしてくるつもりです。
完全に互換できるサブ機があると、こういう時も便利ですね。
MacBook Proも初期型を買ったので人柱だったのかなあ、とかは一切考えない方向ですし、考えたこともありません。
もちろん、ありません。

広告を非表示にする